四季彩 Hobby 美工房 四季彩 BLOG 鍾馗二式水戦

2008年10月18日

新型プリウス

 愛車BG5の修理はあと20日ほどかかる。あと2年はナンとかもたせて、その後は乗り換える予定。
 乗り換え候補の1台、user45382_pic596-450.jpg 新型プリウスの写真が出てた。かなり微妙・・・。
 マァ、スタイルはおいといて、まず視界が悪そう。NAVIもこの位置は安全性に問題あるんじゃないか?
 あと、足回りがどう変わったのか興味あるが、リヤのディスクブレーキとインデペンデントリヤサスとサイドブレーキは必須。
 リヤサスはできればマルチリンクで・・・。ベースがきちんとしていれば、メーカーセッティングに難があっても好みにチューンすればイイし・・・。とにかくアクシオのトーションビーム(トヨタ車の多くは大体この形式)は、山岳路ではコントロールが難しい。もちろんゆっくり走れば危ない事はないけど、とっさの時の危険回避を考えると、現状では常に構えていなければならないのが疲れる。そういった点では、ワゴンRのリジッドサスの方がコントロール性は上。
 FF車ではコーナーリング中にサイドブレーキを当たり前に使うから、パーキングブレーキの足踏み式は絶対にアウト!緊急危険回避のひとつの手段を無くしてしまうのは非常に困る。

 このところ代車代車で、インプレッサ1.5i、インプレッサ・アネシス2.0i-S、カローラ・アクシオG Super CVT-i、アクセラ15Fと乗っている。で、思ったのが、「トヨタに乗ると自分の運転技術の下手さ加減を思い知らされる」、「マツダに乗ると自分はまだ若くて元気だと思える」、「スバルに乗ると自分の運転技術はこんなに上手かったのかと思える」。σ(^^)は特別車メーカーの好き嫌いは無いんだが、こういったベーシックグレードに乗ると、メーカーの設計思想というのが何となくわかる気がする。

 どーでもイイけど、首と腰がイテ〜〜_| ̄|○


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。