四季彩 Hobby 美工房 四季彩 BLOG 鍾馗二式水戦

2009年04月06日

インサイト試乗2

P1040455.jpg 3/25に再びインサイトに試乗。通勤で利用する山道を走ってみたくて、セールス氏に店まで乗ってきてもらった。少し雨が降っていたので、ほどよく路面が濡れていたのでちょうど良かった。
 しっかり暖機をした時点で、燃費は8.8km/l。ポジションとミラーを合わせてからシートベルトをロックして、セールス氏に「踏ん張っていてくださいね」と声をかけ走り出す。

 登りはじめながら緩い左〜右と抜け、お地蔵様コーナーからアクセルを踏んでいく。コンスタントにゆわkm/h程度で上っていくと、なかなかトルク感がある。小排気量スーパーチャージャーって感じかな?
 感心したのは、CVTのセッティングがモーターアシストにマッチしていて、スピードより先にエンジン回転だけ上がってしまう事がないところ。おかげで、実際のパワーよりも「パワーがある」と感じる事ができる。アクシオは問題外として、アクセラやインプレッサの1500よりも明らかに速く走れる。登りでもそれほどアンダーも強くないので結構なペースで走れる。

 登り切ったところでUターンして今度は下り。「今度はしっかり掴まっていてくださいね〜」と言って、いきなり全開。直線で結構な下り坂、最初の逆バンク左コーナー手前でよえkm/hからフルブレーキ。マァマァの制動力。ABSもそれほど違和感がないが、介入がちょっと早い。その後、サイドを引いてテールを出したり、コーナリング中にブレーキ踏んでみたりしながら駆け下りた。
 印象的だったのが、助手席のセールス氏。いろいろ細かく話しかけていたんだけど、左手でドアグリップ、右手でルーフサイドグリップにしっかり掴まったまま、一言も発せず必死に踏ん張っていた。いやぁ〜、申し訳ありませんでした。逆に言えば、乗って間もないクルマでこれだけ自在に振り回せるんだから、インサイトはイイクルマなんだろう。
 気になる燃費は、メーターで16.2km/l。乗り方を考えるとこの数字はかなりイイ!!ワタシの通勤でなら、確実に20km/l以上は走りそうだな。

 残念なところが数点。まず、バッテリーが満充電になるとエンブレ効かない。マァ、しゃーないけど。でも、コレではLSのパドルシフトの魅力がなくなりそうな気がする。シフトアップは機械任せの方がいいけど、シフトダウンは意識的にコントロールしたい。やっぱ試乗車は一番上のグレードを用意して欲しいもんだ。
 あとは、ハードブレーキが続くとペダルが深くなる。プリウス程回生ブレーキが効かないんだから、フロントブレーキのワンサイズアップとリヤのディスク化が必要だ。コレは、パッドとライニングで何とかなるか?
 もうひとつ、ダンパーにもうちょっと金をかけて欲しいこと。容量が少ないのか、リヤサスの形式のせいなのか、うねりのある逆バンク風コーナーでは接地感が薄くなる。特にリヤ。これは7月発売の無限サスキットに期待しよう。
 もうひとつは、ヘッドレスト。ポジション自体はイイんだけど、ヘッドレスト前過ぎ。頭を動かす自由度が少なくなくて違和感があった。

 写真は3/29の月。こういう『お皿』になった月をみると、「春になったんだな〜」と感じる。

 そうそう、インサイト注文しましたw
 白カラー・ナビ・リヤワイパーなどをつけて、メーカー希望車両価格は\2,585,000。コレにオプションと諸費用なので、宣伝程は安くないなぁ。バリューを考えたら、5月発売のプリウスの方が絶対にイイな。


この記事へのコメント
注文しちゃいましたか!

しかし・・ハードに試乗されたようですね(笑)
営業さんも、そんなにハードに試乗される方なんて、初めてだったんじゃないですか?(笑)

それでも、リッター16km走るっていうのは凄い。
トヨタは、セリカ以外は会社の体勢的にあまり好きではないので、国産ならトヨタ以外を選んでしまうのですけれど(うちの実家の車はずっとスカイラインです。 箱スカの時代から・・)、一番初めに自分が購入した車が4ドアのMTシビックだったので(パワーなんちゃらというのは何もないもの)、そのシビックがすっごくコントロールしやすく、自分の手足のように走る感覚っていうのは歴代乗り継いだ車の中でもそれが一番でした。
なので、ホンダは乗り手に対してかなり考えて作ってる会社なんだろうなっていうイメージが高いです。
本田宗一郎さんは尊敬してる方ですし。

インサイト、初期モデルは個人的に微妙な感じがしないでもないですけれど、それだけハードに乗っても十分満足いく車でしたら、買いかもしれませんね。

でも、オプションあれこれ付けると意外に高く付くんですねぇ。
200万切るハイブリッド!ってうたってるんですけれど、実際は・・って感じですね。
だいぢ at 2009年04月07日 00:20
レガシィが何時ぶっ壊れてもおかしくない状態になってきているので、緊急に発注してしまいましたw
どうしても「インサイトが欲しい」というわけではなかったのですが、繋ぎという意味と、息子が免許とったら乗るんじゃないかと思ってますので。
その時はワタシはCR-Zでも乗ろうかと思ってます。
seasons_PaPa at 2009年04月07日 21:32
CR−Z、初めて知りましたけれど、かなりいいですなっ!!

このまま市販されるんでしょうか?

だとしたら、ホンダとしてはかなり衝撃的な感じがします。

ホンダのイメージっていうと、どの車も同じ顔してるので・・(NSXを除く)。

しかも、CR−Xの後継モデルっていうのがいいですね。

リアのウィンドーとかそのまま引き継がれてますね。

でもこれ、高そう〜。

スペックはわかりませんが、ハイブリッドでもぶいぶい走りそうな予感・・・。
だいぢ at 2009年04月10日 02:04
CR-Zはおおむねこのまま出るようです。
CR-Zは『Compact Renaissance ZERO』の略だそうで(笑)

若干ハイパワー化はしてくるでしょうが、そんなに高くはないらしいです。
重心も低そうなので、パワーはなくても下りの峠道だったら負け無しになりそうですね。

最終的には、リチウムイオン(ポリマー)のプラグイン・ハイブリッドのスポーツカーが出るとイイな!と思い始めました。
seasons_PaPa at 2009年04月10日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。