四季彩 Hobby 美工房 四季彩 BLOG 鍾馗二式水戦

2012年01月14日

とりあえず

 このブログの「日記」カテゴリに投稿する事は少ない。本来は自分の日記であり、主な読み手は奥さんと息子達を対象にしているブログなのだけれど、備忘として暗号化した内容も良く書き込んでいる。

 今回は、『夏kiの第一志望合格が決まった』ので、日記カテゴリ。
 勉強はそれほど「やっている!」という感じでもなく、余力を残しつつ頑張っているようだし、正月3ヶ日もしっかり遊んだ。「倍率は高くても、合格する側に入ればイイだけだから」と本人は余裕だったけど、流石に発表前夜は少し緊張したらしい(笑)
 今後の本人は、4月までに残っている課題は<体力を元に戻す>事と、<数学センス>をワンランク上げる事らしい。夏kiのまじめな性格のせいで、ドリルやワークといった宿題を全部やってきてしまったので、数学力が若干足りない。
 個人差はあるだろうけれど、こういった反復練習は、『解き方』を覚えてしまうので数学力そのものが身に付かないのが欠点。その点tomo春は宿題を全部スルーしてきたので、数学センスが身に付いた。
 昨秋から、tomo春が夏kiのために、『数学力アップ講座』をチョコチョコやってくれているので、だいぶ良くなってきたけれど、来春から「自宅を離れる=アドバイザーがいなくなる」ワケで、進学後のために<もう一歩>のレベルアップをしておきたいという事らしい。

 親としてみれば、4月から≪存在そのものが楽しい子≫が一人いなくなるのは寂しい限りだ。本人には心配かけたくないから平気なフリをしているけど、奥さんは慣れるまでチョット大変かもしれないナ。もう一人の≪存在そのものがおもしろい子≫はまだ暫くいるハズだから、我慢できるだろう。
この記事へのコメント
おめでとうございます。

うちの息子も学校の生活に慣れたようで、先週の日曜日に送って行った時は、「やっぱり家より寮のほうが落ち着くわ」という始末です(汗)

数学や物理については同感です。息子は中学校における反復練習で受験のための解き方を叩き込まれましたが、現在はその解く力を要求されていますのでこの一年は苦労したようです。数Tオンリー文系の私には青チャートの数Vまでは全くお手上げなので2週に一回、塾の個別指導に通って国立大理系の学生さんに補充してもらっています。
家を出ることについては家内も心配しながらの送り出しでしたが、まだ若干寂しさはあるようです・・・。私は高校3年間の寮生活を経験していますのでその良さは十分にわかっているつもりです。
のB at 2012年01月17日 12:14
ありがとうございます

やはり勉強も楽しみながらやらないと「残るもの」にはならないですね。
まぁ、「勉強っておもしろいよね〜」と言わせるまでが大変なわけですが・・・。

今度の寮は携帯禁止の上、緊急時以外連絡も取れないし、ほとんど帰宅できないのですが、本人は楽しみにしていて早く行きたくて仕方がないようです。
seasons_PaPa at 2012年01月19日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック