四季彩 Hobby 美工房 四季彩 BLOG 鍾馗二式水戦

2012年07月21日

カエルでアンダー

120720_092932.jpg 120720_092911.jpg 木曜日帰宅時の登り峠道、前走者がいなかったのでいつものペースで走っていた。パラパラ小雨で路面は結構なスキール音が出る程度にハーフウェット。
 見通しの悪い右タイトコーナーを曲がり始めたら、ダンプがラインオーバーで突っ込んできたので、こぶしひとつ分ステアリングを左に戻す。運が悪いことに、左前輪のライン上に大きくて茶色い『ウシガエル』が!登りでなおかつアクセルオンの状態なので荷重はそれほどかかっていないはずだけれど、一気にアウトにすっ飛んだ。左足ブレーキもサイドブレーキも間に合わず、フェンダーがガードレールに、ホイールが縁石に僅かにヒット。
 でもって、写真のような有様に・・・。たいしたことはないので良かったけれど、こういうふうに、小さな悪条件が次々と重なってアクシデントというのは起こるんだろうね。どれかひとつでも欠けていれば何事もなかったんだろうけれど。二十八宿は鬼、その上新月というのもなんだかなぁ。
 フェンダーの傷はコンパウンドで大丈夫だけど、少しのへこみが出来てしまったのと、ホイールがちょびっと削れてしまった以外は問題なし。ホイールの修復は自分でやるとして、フェンダーは時間が出来たら『デントリペア』を試してみようと思っている。

 「やはりタイヤはハイグリップの方がイイ」それが今回の件からσ(^^ )が得るべき教訓だ。
この記事へのコメント
アイタタタ・・。
大事に至らなくて良かったですね。
自分はセンターを割らない主義ですが、対向が踏み込んできてドキッとする事はあります(汗)一度、オーバースピードではらんできた車に怖い思いをした事もあり、気持の良さそうなワインディングでも見通しが悪ければ行列を作るような運転をするようになってしまいました。
のB at 2012年07月20日 12:34
我が通勤路はインにもアウトにもはみ出すような運転をする人が結構いるので、かなり余裕を持って走っているのですが、さすがに大型車だと行き場を失います。
インサイトに変えてから、明らかにウデも落ちていると思うので良い経験になりました。
seasons_PaPa at 2012年07月21日 13:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。