四季彩 Hobby 美工房 四季彩 BLOG 鍾馗二式水戦

2018年01月01日

IV号戦車制作過程

あけましておめでとうございます!
Tiger2a.jpg昨年の年賀状は、Shade12購入で『髪の毛』モデリングをして人体作成をしていたが、喪中でお蔵入り。どうも、『人』を作り始めると喪中になる傾向。
しばらく前に黒森峰のティーガーIIを作ったこともあって、今回は県立大洗女子学園あんこうチームのIV号戦車を作成。昔々、タミヤから1/35のIV号H型が出たときに2個買って、素組と溶きパテを使ってちまちまとツィメリットコーティング仕様を作ったのが懐かしい。

IV_H_01.jpgまずは、IV号戦車D型改(H型仕様)から作り始める。
実はこの履板が一番大変。トゥーンレンダリングのときに余分な輪郭線が出ないようにモデリングするのが非常に難しい。トゥーンレンダラではブーリアンレンダリング(*)が使えないので、円柱や直方体などをポリゴン変換して変形・穴あけ等をして結合していく。
* 後日知ったこと。「Shade10からトゥーンレンダラは、ブーリアンレンダリングに対応しています」だそうで…。苦労する前にマニュアルを読めと…orz

IV_H_02.jpg起動輪・誘導輪・転輪を作る。プリミティブ形状が主なので結構簡単。一応それぞれ回転可能!

IV_H_03.jpg履板を這わせて『履帯』へ。各履板を回転可能連結させて、転輪に合わせた閉曲線上に配置して繋げる。重量感表現のために微妙にタルミを持たせてあるが、この状態のままちゃんと可動するようにした。本来は履板99枚のはずが、計算ミスで100枚でピッタリつながってしまった。

IV_H_04.jpg車体の土台。直線のみなので超簡単。後半部分は穴あけ等の加工をしないので自由曲面のまま。今回はあまり三面図に頼らずに『勘』でバランスを取っている。

IV_H2_06.jpg上モノを乗っけてバランスをとる。次男に「II号戦車っぽい」と言われた。

IV_H2_07.jpgパーツ類をガシガシ乗っけていく!車体色をいろいろ試しつつ、CorelDrawで作った『あんこう』マークも貼ってみたり…

IV_H2_08.jpg砲塔に色々追加。だいぶ雰囲気が出てきた!H型仕様では、シャックル(牽引フック)の形がS字じゃなくC型なので直した。

IV_H2_09.jpg砲塔後部にゲペックカステン(雑具箱)を追加。その他もろもろの小物を追加。CorelDrawで大洗女子学園のマークもベクトル図形で作成。

IV_H2_10.jpgシュルツェンを追加。これがつくとH型っぽく見える!通常50mm〜100mmの中望遠でレンダリングすることが多いが、これはちょっとだけ新谷かおる風に迫力を出すために30mmの広角でレンダリングした。

IV_H2_11.jpgH型仕様の後ろ姿。年賀状用ということで、見えないところ(車体裏側など)はちょっと手抜き。一応これで完成。

IV_F_01.jpgH型仕様からD型改(F型仕様)を作成。マズルを球形にして、履板の切込みも変更、その他細かいところを調整。前照灯が『ノテックライト』になっている!

IV_F_02.jpgF型仕様の後ろ。H型仕様とそっくりだけれど、結構変更点は多い。コレで出来上がりとする。

IV_D_01.jpgF型仕様からD型を作成。これは変更点が多い。起動輪はD型仕様に変更。短砲身なので、クリーニングロッドが2本に減っている。ライフリングは面倒だったが、印刷すると見えなくなる…

IV_D_02.jpgD型の後ろ。スッキリ系IV号の完成!
スモークキャンドルラックがつけられているが、この型より以降は外された。キューポラの覗き窓は、円筒が下に移動して右下のように閉まる

shade12.jpgShade ver.12の作業画面。ベースモデリングはショートカットキーを自由に設定できる6が便利なので、6と12(まれに10.5)を使い分けている。7と8はもう使うことはない。

IV_DFH_01.jpgIV_DFH_02.jpg 3台の比較!手抜き部分が多々あるので、ツッコミは無しの方向で…

年賀H30.jpgこれが完成原稿。大洗町で見かけるキャラクター看板(これは主人公の西住みほ)を追加してみた。jpgで圧縮しているけれど、ハガキサイズに500dpiとファイルサイズが大きいので開くときは注意!

毎年3〜6ヶ月かけて作っているわけだけれど、毎度のことながら、ゼロから作った3D-CGだと理解してくれる人が少ないのがサビシイ・・・。なので、あえて写真的にならないようにトゥーンシェーダー(アニメシェーディング)を多用している。

2016年01月08日

今年の年賀状

haikei03.jpg「申」で何も思いつかなかったので、今回は干支に関連付けしていない。以前からちまちま作っていたF-2にした。航学に行っている夏kiはF-2ではなくF-15→Blue志望なので、そのうちT-4も作ろうかと思う。
F-2C1.jpgF-2Aのコックピット。ボディはマッピング前なのでのっぺりしている。どうせ見えないから、結構手抜き仕様。ディスプレイは実物の写真をマッピングしてある。
F-16c.jpgこっちは以前のF-16Cブロック40の完成したモノ。基本、可動部はノズル開閉等も含めて全部動くようになっている。
Shadeでの3D-CG年賀状も今年で17年目。12年前の「申」はこんな感じだった。
来年の年賀状「酉」のラフスケッチはできている。再来年の「戌」は干支関連付けなしで人体の予定。3D-CGはとんでもなく手間と時間がかかるけれど、続く限りはやっていこうと思う。今年はShade15を購入するつもり。

2015年11月20日

近況 CG

F-2c.jpg来年の干支は「申」だけれど、なんにも思いつかなかったので製作途中のF-2で!
毎年年末にバタバタしていて、3D-CGの完成がギリギリ(というより間にあった試しがない)。
もう、干支に引っ掛けたCGはやめることにした。
monkey.jpg12年前は、いかにも「プラモデル」という仕上げにしてモンキーを作った。
Shadeで3D-CGを作り始めてから15年以上になるけれど、なんか全く上達していないように思う。
年に一作では上達しようがない。来年は小遣いをためてShade15に乗り換える!そして「髪の毛CG」にチャレンジ!!

2015年01月01日

謹賀新年2015

年賀27.jpg BLACK-SHEEP.png

 US MARINES
 Squadron 214
 BLACK SHEEP

2015年は未年なので、アメリカ海兵隊のハリアーII『BLACK SHEEP』を選択。今回は、プラモデルチックにモデリングせずに割りと<写実的>。写真に間違われることがないように、機体後部をワイヤーフレームにして3Dであることを表現してみた。
h15.jpg12年前の未年年賀状はこんな感じだった。P-47にオリジナルマーキングをしたものだけれど、あまり上達している感じがしない。『謹賀新年』の3DはPC基盤をマッピングしてあるが色が違うだけだし、文面が全く同じなのもいかがなものかと・・・。その分、3Dのモデリングにはかなりの手間をかけているのでお許しを!
昨年は長男の成人式に撮った写真を題材にした(実は忙しかったので3Dモデルを作り終わらなかったから)ので、今回はかなり早めに準備しておいた。ちなみに2016年は干支に引っ掛けず、現在作成中のF-2Aにする予定。


我が家の近況:
今春から、長男は自宅からつくば市にお引越し決定!学生をあと5年間継続。20年以内にはなんらかの成果が出るとイイね!
次男は横須賀市から防府市にお引越し決定!2年間は学生だが国家公務員。F転にならないようにやって欲しい。15年後に『5』または『6』に乗れるとイイね!
ふたりとも最後の受験が終わってしまったので、当面の楽しみはなくなってしまった。次は、5年後の長男と6年後の次男がどうなっているのかが楽しみ!

2013年01月02日

AH-1コブラ 05

H25nenga.jpg 謹賀新年!
 毎年のことだけれど、余裕をもってCG作成が終わったことがない。結果、作り込みが甘くなってしまう。
 AH-1コブラのデータをShadeフォルダから見つけた時に、パイロットを一昨年のF-4Jから流用しようとしたら、データが無い!昨年の年賀状データをShadeフォルダに整理する時に間違って削除してしまったようだ。F-4Jファントムだけだったらショックは大きくないんだけれど、2009年のP-51ムスタング&2003年のP-47サンダーボルトも消失・・・。コレはショックが大きかった。その他にも無くなっているデータがありそうで怖い。

2012年12月29日

AH-1コブラ 04

ah-1w_04.jpg タイムリミットとなったので、このぐらいで終了!
 川の波紋や水煙も追加したかったけれど、ヨシとしよう。
 コップピット内部は見えないのでテクスチャーは無し。背景を流し撮り風にしたバージョンも作ってみたけれど、奥さんと長男の評価が低かったのでボツ。

2012年12月26日

年賀2013

h25_snake.jpg 毎度おなじみのパターンだけれど、「その他向け」年賀状素材ができた。
 Shadeの素材集『季節の森』のデータを利用して、アチコチいじった上でポリゴン化した3Dモデルをトゥーンシェイディングしたモノ。カエルのおまけ付き!
 レンダリングは分散レイトレーシング。

2012年12月22日

AH-1コブラ 03

ah-1w_03.jpg 年賀状用素材AH-1Wの3Dモデルのその後。
 細かい修正をしてパイロットを乗せ、ローターは回転して見えるようにマッピング。平成25年なので機番は『25』尾翼にはA.D.2013を追加。エアインテークには『コブラ』の図案を追加した。
 ちなみにアタックヘリの操縦士は後席になる。

2012年12月15日

AH-1コブラ 02

ah-1w_02.jpg ちょいとテクスチャーを貼ってみた。ラインや凹凸をつけるバンプマップと、カラーやマークを付けるテクスチャーマップ。
 かなりいい加減。リベットは凸になるようにしてあるけれど、あまり表現できていない。
 エアインテークに「コブラ」のマークを入れる予定。

2012年12月08日

AH-1コブラ

ah-1w_01.jpg tomo春と年賀状図案の話をしていて、「巳」=「コブラ」はどうかということになった。F-2も終わりそうにないので、SHADE用データフォルダをあさっていたらAH-1Wのデータがあったので、コレの加工を始まった。
 ヒコーキだけじゃなくヘリも戦車も大好きなので、今回はヘリにしてみようと思う。最近のヘリは、ロールやループができるのは当たり前だし、メカニカルで格好イイ。

2012年11月03日

F-2A 07

F-2A_07.jpgF-2A_08.jpg とってもマズイ!F-2がまったく進んでいなかった。テクスチャーどころかモデリングもいっこうに終わらない。毎度のことだけれど、始まりは早いのに土壇場にならないと進めようとしないのは悪いクセだ。
 とりあえず、機外装備のミサイル作成。一般的対艦使用のA-2形態でもイイんだけれど、完全武装の対艦B-2形態にしたいので、中距離AAM-4x2を作成。翼端のAAM-3x2・翼下ASM-2x4と合わせて国産ミサイルで統一。 チョット「それっぽく」なってきた。

2012年08月11日

闇夜のフェンリル隊

fenrir2.jpg これは2007年6月に作った<MIDNGHT FENRIR>部隊マーク。結構あちこちでステッカーなどに利用されているようだ。
 ステッカーにするには、エンボスのエフェクトが邪魔そう。
fenrir2.jpg ということで、エフェクト無しのデータがコレ。耐候性ステッカー作成用シートを持っているので、自分用にも作ってみようと思っている。
fenrir_mono.jpg コレはカッティングシート用の単色図案。だいぶ前に作成済のカッティングシートは、長男が自分のクルマに貼るらしい。

2012年05月30日

F-2A 06

f-2a_06.jpg ヒマがないので、遅々として進まないでいる。
 ノーズのライトニングアレスター、キャノピー周り、600gal増槽などなど・・・。
 年末までに間に合うとイイナァ!

2012年02月11日

F-2A 05

f-2a_05.jpg その後、時間が取れないのであまり進んでない。
 が、大雑把な主脚ができた。翼端ランチャーがないのと、ドーサルがF-16のままなのは締まらない。
 キャノピーフレームは修正の必要があるナ。
 ところで、モデリングしていて気が付いたのが、F-16ではつけられている主翼のねじり下げが、F-2にはつけられていない。CCV機として制御されているからだろうか?

2012年02月01日

零戦二二型 02

a6m3_2.jpg 永らく放置してあった、零戦二二型もチョボチョボと取りかかった。
 集中力が持続しない人間なので、読書もCGも複数並行してやるのがいつものパターン。
 西暦2000年採用のF-2は『Viper Zero』と呼ばれ、十二試艦戦が皇紀2600年採用で『零式艦上戦闘機』とZERO繋がりなのと、生産の基本が三菱というのも関連性がある。
 年末までには並べてレンダリングできるようにしたい。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。