四季彩 Hobby 美工房 四季彩 BLOG 鍾馗二式水戦

2010年10月30日

F-4S 04

f4-04.jpg 垂直尾翼・風防・操縦席・アンテナ・ノーズインテーク・アレスティングフック等々を追加。
 垂直尾翼には『バニーマーク』が付いたので、やっと『BLACK BUNNY』らしくなってきた。
 スジ彫りが繊細なラインになるように、バンプマップを全面作り直しして解像度を4倍(胴体で6616x830)にした。拡散反射のイメージマップ(文字など)は自動でアンチエイリアスが効くので従来サイズ(3308x415)のまま。マッピング用の画像がでかいので、Shadeのファイルサイズも400MB近くになってしまった。

f4-04b.jpg こっちは前の方から28mmの広角でレンダリングしたもの。
 新谷かおるの『ファントム無頼』のような雰囲気が出たかな?
 コックピット内部は見えない角度で最終レンダリングの予定なので、作り込みはしない。というか、キャノピー全般カタチがおかしいけど面倒だからこのまま続行。
 ウェザリングも基本的にはしない予定。排気ノズル周辺の耐熱部には軽くウェザリング済。

 でも、もしかすると葬式がでる可能性が出てきたので、Black Bunnyもお蔵入りになるかもしれない・・・。

2010年10月27日

F-4S 03

f4-03.jpg とりあえず胴体のモデリングができた。
 気になるところは多いけど、ポリゴンに変換してしまったのでこんなモンでヨシとしよう。
 大雑把なバンプマップとテクスチャーマップを施した。テッカテカの黒で反射率は0.34という高さ!全体のモデリングが終わらないうちにマッピングデータを作ると、あとで整合性が取れなくて苦労するんだけど、こうやって出来上がりをイメージしながらやらないとモチベーションが維持できない・・・。
 どうせ年賀状に印刷すると細部は潰れてしまうから、今回はあまり精密にテクスチャーを入れないでクリアコートした1/72プラモデルのように仕上げようと思っている。

2010年10月09日

F-4S 02

f4-02.gif とりあえず、仕事用年賀状の3d−CGはおおむねできたので、間に合うかどうかわからないけど個人年賀状用に『F-4S Phantom II Black Bunny』を作り始めた。
 時間がないので多少の不出来には目をつぶって短時間でガシガシモデリング。
 Shade6でテンプレートは作っておいたので、それに合わせて自由曲面で大まかに作り、ポリゴンに変換して修正するというパターンで進める。
 ポリゴンで作る理由は、カタチの複雑さからシワが出来やすいためと、穴開け作業が楽だから。その上ポリゴンにしておけばトゥーンレンダリング(アニメ調レンダリング)ができる。
 毎日少しずつしかできないけど、クリスマスまでに何とか終わりますように・・・。

2010年10月02日

2011年賀状

153783 F-4J VX-4 Vandy 1 Pt Mugu (nov73)(b) PMC.jpg 1227698153100.jpg fairy_bird2_image.jpg
来年の年賀状どうしよう・・・。ナニかと多忙なため、まだまったく手をつけてない!こんな年は初めてだよ。
とりあえず毎年恒例のShadeでモデリング+レンダリングしたいところ。候補1は『昔モデリングした人体』をバニーガールにする、候補2『F-4SファントムII』、候補3『F-14トムキャット』、候補4『ノーズアートにバニーガールのB-29』。
ズ〜〜っと飛行機モノだったので、今年も飛行機にしたいところだけど、ファントムとトムキャットはモデリングが大変そうだ。人体モデルとB-29はベースを作ってあるので比較的簡単。
時間に余裕があればファントムでやりたいなぁ〜。

2010年07月17日

iQの3D-CG

iq_c.jpgiq_m.jpg ShadeでiQ。あり合わせのやっつけ仕事。レンダリングもただのレイトレだし。そのうちちゃんと作ります、ハイ。
 そのうちそのうち・・・と言いつつ、未完成作品がどんどん増えていってしまう。
 ガンダム系からクルマ系・飛行機系に加えて、実は戦車や戦艦までも作りかけの3Dモデルがい〜っぱいあるorz
 日の目を見ることはあるんだろうか・・・。

2010年02月04日

メタセコUVマッピング

meta02.gifmeta03.gif
 とりあえず、簡単なUVマッピングをやってみた。モデルはAmazonのマグカップ!
 メタセコは結構直感的に使えるので、今後ポリゴンモデリングはコレでやってみようと思う。
 Blenderもちょこっと使ってみたけど、老化した脳には取り付きにくい印象。機能や拡張性はイイんだろうけどね。こんなの見ちゃうとやってみたいと思うけど、時間に余裕ができた時に新たに挑戦する意欲が残っていれば・・・。

2010年02月02日

Metasequoia

meta01.gif とりあえず、メタセコイアver.2.4を使い始めた。
 シェアウェアだけど、送金しなくても基本機能は使えるのでしばらくは練習してみよう。
 サブデビがShadeよりわかりやすいし、ポリゴンの編集がやりやすそうだ。簡単にマグカップを作ってみたが、直感でつくるには簡単だった。詳細は数値を入れることもできるんだろうけど、それはこれから・・・。
 このあと、UVマッピングを練習しなくちゃ。ShadeではUVが非常にやりにくかったけど、このソフトはどうだろうか?
 使い物になりそうだったら、というより自分が使いこなせそうだったら早々に送金してみようと思う。コレで5,000円なら安いよね。

2010年01月28日

ポリゴンモデラー

2001mi_image.jpg Shadeのデータフォルダを整理していたら、2001年一般向け年賀状用データが無くなってしまっていたorz
 難しくないので再度作成しておいた。要はブーリアンモデリングなんだが、3方向から赤・青・緑の狭角スポットライトを当てることで「2001」「ヘビ」「巳」を影で表現するようにしている。

 Shadeを10数年使っているので今更なんだが、ポリゴンモデラーも使ってみようと思っているが、どれがイイか判らない。
 とりあえず、単なる趣味に高額なソフトは買えないので、メタセコかBlenderあたりを使ってみてやりやすい方でポリゴンの勉強をしてみよう。

2010年01月25日

Insight 3D-CG

insight3d01.jpg クルマの3Dデータを販売している『CD DATA BANK』ってところを見つけたので、インサイトのShadeデータを購入してみた。
 コレはそのままレンダリングしただけ。細部調整やパーツの付加などをやって自分の車に近づけてみようと思う。まぁヒマがあればだけど・・・。
trial001_image.jpg データのデキは結構イイ!右ハンドルなのにワイパーが逆だったりするけど、そこはご愛敬。データ名も『insite.shd』になっていたりして。

 右はトライアルデータの『スマート』。インサイトより出来がイイかも。

2010年01月18日

F-4S PhantomII

f4s01.gif F-4S PhantomII『BLACK BUNNY』ですな。
 長男と来年の年賀状の話をしていて、「F-14かF-4のBLACK BUNNYがイイんじゃね?』って事になって、Shade用のテンプレートを作ってみた。
 F-14も嫌いじゃないけど、やっぱF-4が好きだし、なにより一度機体データを作ればバリエーションが多くいので楽しめそう。でも、Shadeで作るには難しいカタチだわ。
 もちろん、零戦22型もちまちま作っていく予定・・・。

2010年01月01日

寅年年賀状

nenga22.jpg あけましたらしめましょう・・・じゃなくて、あけましておめでたい!
 今年の年賀状最終形態はこんな風になった。
 使ったソフトは、Shade・Photoshop・Gimp・Coreldraw。今年は一種類だけで済まそうということもあって、最初からネコたち入りだ!
 百式新司偵もかなり雑な作りとなってしまったので、後々作り込んであげようと思っている。
 それにしても、今時Shadeを使っている人などいるのだろうか?単なる趣味のために、今更高価なソフトを購入するのもどうかと思うので、当分Shadeだな。しかもVer.6(古!)だし・・・。

fairy_bird.jpg ところで、来年は卯年だね〜〜。ウサギといったらバニーガールだ!5年前にShadeでつくった人体モデル(奥さんがモデルだったりする!)をベースに考えようかとも思っているけど、『飛行機』から離れたくないからなんか考えよう。米機のノーズアートにはバニーガールとかいっぱいありそうだな・・・。

2009年12月31日

零戦二二型

 今年ももう終わり・・・。色々あったけど、なんとか無事に過ごすことができてすべてに感謝!
 年末は仕事が忙しいのはしょうがない(ありがたい)としても、年末調整やら青色申告・確定申告の準備やらで『手書き』作業が多くて困る。手書きよりキーボード打ち込みの方が圧倒的に早いのにね。まぁ、お役所提出の書類だからしょうがない

a6m3_01.jpg 以前作成した二式水戦を元に、零戦二二型の作成をはじめた。
 年賀状と違って締め切りがないので、の〜んびりやっていこう。とりあえず、カウル・カウルフラップ・垂直尾翼・水平尾翼の作り直し。
 一一型〜二一型(二式水戦含む)と違って、エンジンカウリングが長く丸みがあり、主翼以外ではこの部分が一番違いがわかる部分だ。一番ポピュラーな五二型は主翼全幅が1m短くずんぐりした感じに見えるので、二二型が一番綺麗だと思っている。
a6m3_02.jpg エンジンにも若干手を加えてある。計器板と操縦席は五二型を基本につくってあるので、そのまま流用。
 今回は、テクスチャーマッピングとバンプマッピング用の画像サイズを大幅に拡大して、詳細なディテールを再現してみるつもり。
 最終的には、一一型〜六四型までつくれたらイイなと!

2009年12月07日

百式新司偵06

ki46_08.jpg 微妙に細部を変更したのと、レンダリング手法を変えた。この画像は2395x1606ピクセルでレンダリングしたモノをリサイズしただけで、リタッチはしていない。

 このところ寒くなってきているので、PCの環境には良いのだが、Shadeでレンダリングする時はCPU温度が上がりすぎるので、CPU内に4つあるcoreの3つまでしか使わないようにしている。Shadeの設定によりレンダリング時間は大幅に変わるけど、この画像では15分程度。
 レンダリング中は残ったひとつのcoreで他の作業をしていて、稼働率85%程度の時CPUのダイ自体は50℃台だけど、core1は65℃まで上がってしまうので恐ろしい。
 CPUクーラーの容量アップを図りたいけど、こんな使い方をするもの年末だけだから「まぁイイや」と放置している。CPUがダメになったら新しくすればイイだけだし・・・。

2009年12月03日

百式新司偵05

ki46_07.jpg ウェザリングをしてみた。IL2風のウェザリングをもうちょっとソフトにした感じ。
 なんで実写風にしないかというと、2003年の年賀状の時、「自作の3D-CGだ!」といっても信じてくれる人が少なかったから。
 人気のゲームチックに仕上げた方がウケそうなのと、これ以上の作り込みをする余裕(時間)が無いのがその理由だったりする。
P47_2.jpg コッチがその2003年の時の年賀状用。空以外はShadeでつくった3D-CG。
 日本機と違って、金属質丸出しだから実写風に仕上げやすいというのもある。
 でもよく見ると、左翼下面にはあるはずのない米国マークがあったりする。見た目が寂しいからつけただけなんだけど、これに気が付いた飛行機マニアもいた!

2009年11月28日

百式新司偵04

ki46_06.jpg 主翼付け根にフィレットを追加、垂直尾翼を修正、ラダー可動&可動タブを追加、ステップを追加、増槽の追加、プロペラ回転のテクスチャーを作成、機体全体のバンプマップとテクスチャーマップの作成。
 あとは、エルロン・エレベータの可動とステーの追加、羽布張りのテクスチャー作成、キャノピー枠の修正とマッピングの作成、部隊マークの作成ってところかな?
 バンプとテクスチャーをマッピングすると、なんとなくそれっぽく見えてくるから楽しい。
 色はかなり地味目の色にしてみた。今回はウェザリングや塗装剥げもやろうと思っているけど、時間があるかどうか・・・。