四季彩 Hobby 美工房 四季彩 BLOG 鍾馗二式水戦

2012年10月13日

技MIX F-15J

P1070628.jpg P1070629.jpg P1070631.jpg
 夏kiから電話で「ウチにF-15Jはあったっけ?」と聞かれたので『技MIX F-15J』を購入。童友社のスペシャルマーキングF-15Jは4機ほどあるけれど、ノーマルの制空迷彩は1機もなかったので、どうせならと以前から気になっていた『技MIX』にしたワケ。現在入手可能なのは築城の304SQだったのはガマンしよう。本当は百里の305SQか那覇の204SQ(元は百里)が欲しかったんだけれど。
 技MIXはハセガワが原型と金型作成に協力したらしく、とてもハセガワらしい質感。欲を言えばモールドをもっと細くして欲しかった。機体番号以外はマーキング済なのでありがたい。コーションマークまであって良い出来だ。仕上げがよければもっと良かったんだけれど・・・。
 塗装はしてあるけれど、コレは食玩系じゃなくてプラモデルレベルだ。1/144はコレクションしやすいサイズだから、沢山の機体を出して欲しい。

2012年10月06日

童友社1/144

P1070626.jpgP1070627.jpg 出先で見つけてしまったので、つい買ってしまった。あまり数はなかったけれど長男と選んだのが童友社の1/144『F/A-18Fスーパーホーネット VFA-211 ファイティング チェックメイツ』と『F-14トムキャット VF-154ブラックナイツ』。『A-10サンダーボルト』もあったんだけれど、デザートカラーだったので購入はやめておいた。あとで会った夏kiが「俺も同じの買おうと思ってたのに、無くなってガッカリしてたらウチで買ってたのか!」と3人で大笑い。
 この童友社のシリーズは、機体のデキはイイのに脚や増槽などが未塗装なのが残念。マァ、頑張って塗装するか飛行姿勢にすればいいことだし!
 未組立てのキットがやたらと増えてきた・・・。

2012年09月08日

百里と土浦駐屯地

 予科練平和記念館のついでに撮った写真

P1070554.jpg 茨城空港を離陸するスカイマーク機。いつもの百里北門ゲートから撮ったので21Rはとても近く、パイロットの表情まで見える。
 誘導路から滑走路に入って離陸するまで停止しない、ランニングテイクオフだった。見慣れた戦闘機の離陸も迫力があるけど、旅客機は大きさで圧倒される。コパイの方は手を振ってくれた!

P1070577.jpg 百里東側のサイレンサー裏に行く途中で、用廃のF-4ファントムが!
 ファントム爺さんもいつまで持たせることができるんだろうか?早く退役させてあげたくても、F-35の部隊編成までまだまだ年数がかかりそうなので、老体にムチ打ちつつも事故がないように頑張って欲しい。

P1070586.jpg P1070587.jpg P1070592.jpg
 上は雄翔館からの柵越しに見られた装甲車両たち。
 左は『90式戦車回収車』、中は『90式戦車』と『74式戦車』、右は『99式自走155mm榴弾砲』。さすがに『10式戦車』は無かった。
 こういうのを見ると富士総合火力演習に行ってみたくなる。
 帰り際に空を見上げたら、AH-64Dアパッチ ロングボウが場週飛行をしていた。アパッチの飛行は初めて見たけれど、そのローター音の静かさにビックリ!

2012年09月05日

予科練平和記念館

 先日、母方叔父の葬儀で大戦中パイロットだった叔父と長時間話す機会があった。過去記事にも書いたが予科練出身で、特攻間際に終戦となった人だ。以前は戦時中の話を一切してくれなかったのだが、年月を経てポツリポツリと話してくれるようになった。『震洋』搭乗志願を蹴って「自分は飛行機で・・・」と通したおかげで生き残ったことを初めて聞いた。
 叔父が予科練にいた時に、写真家の土門拳が一緒に生活して写真を撮っていたらしく、叔父の写真も発行されている本などに残っているし、記念館のパネルにも叔父の写真があった。その叔父に、「予科練平和記念館は必ず訪れるように!」と言われたので早速いってきた次第。

 飛行機や戦車・船舶などを含めメカものは大好きなんだけれど、実は『戦争そのもの』については強いアレルギーがあって、戦争に関する記念館や資料館は意識して避けていた。特に『特攻』に関するものからは目を背けていたけれど、今回行った予科練平和記念館での特別展が、『人間魚雷 回天』の展示。奥さんは同行拒否なので長男と二人で行ってきた。

P1070594.jpg 予科練平和記念館は近代的建物で、展示も思ったほど悲壮感はなかったけれど、その悲惨さを次世代に伝えていかなければならないのはわかるんだけれど、空襲や特攻の映像は正視できなかった。
 回天の展示を見る前に、自宅で『佐藤秀峰 特攻の島』を読んで予備知識を入れておいた。回天の実物大模型は意外に大きく、操縦席にも座ってみたけれど、メカのチェックどころか取っ手等に触れることすらできなかった・・・。

 それにしても、予科練入試のレベルの高さ(超倍率も含め)・入ってからの勉強レベルの高さ・規律の厳しさは驚くばかりだ。非常に優秀で頑健な15歳からの子供たちが、戦場で真っ先に失われていったのが悔やまれる。戦死した予科練生が半分でも生存していたならば、今とは違った日本になっていたのかもしれない。
 兵学校が現在の防衛大学校だとすると、予科練乙種は現在の高等工科学校に相当するんだろう。Youtubeなどで見る防大や高工校は、兵学校や予科練のかなりの部分が引き継がれているような気がする。徴兵制には賛成できないけれど、十代の子供たちは一時的にでもこういった厳しい環境に身を置くことは非常によいのではないだろうか。

P1070593.jpg 予科練平和記念館に隣接した土浦駐屯地には『陸上自衛隊武器学校』があり、その一部として一般でも入館ができる『雄翔館(予科練記念館)』がある。平和記念館から徒歩で入れるので、ココにも寄ってきた。
 中にはいると、戦死した予科練出身者の遺影・遺書などが展示されていて、涙が止まらない。西沢広義中尉の遺影も・・。解説で流れるテープも聴くのがキビシイ内容。
 10代・20代の若者の遺影を見て思うことは、皆素晴らしい若者であったろうことは間違いがないだろうということ。自分が17歳の時にこの『遺書』を書けただろうか、この『遺影』を残せただろうか・・・。

2012年08月29日

大空のサムライ

このところ読んでいる飛行機関係の本。
samurai2.jpgブルーインパルス/武田頼政』はしばらく前に読み終わった。前々から読もうと思っていたけれど、浜松での高嶋一尉の事故が思い出されてなかなか手に取れなかった。
ブルーインパルスや事故の件だけでなく、「ファイターパイロット」のスゴサが伝わってくる内容で、ヒコーキ好きは一読すべし。
samurai2.jpg samurai3.jpg続・大空のサムライ―回想のエースたち/坂井三郎』と『戦話・大空のサムライ―可能性に挑戦し征服する極意/坂井三郎』は、『大空のサムライ(上) 死闘の果てに悔いなし』と『大空のサムライ(下) 還らざる零戦隊』の続巻。氏の生き様から得られる教訓は数多い。

2012年08月04日

ブルーインパルス

ブルーインパルスのDVDを追加購入。
81oa%2BCPuhvL__AA1496_.jpgブルーインパルス Acro area SKCは、第一区分(Full Manuever)演技と演技の際のナレーション・音楽付き。展示課目や航過飛行も入っていてお得。
通常であれば、これ1枚で十分満足できるはず。
91E8B8TdvJL__AA1500_.jpgブルーインパルス コンプリートミッション2は、5番機の視点。パイロット視点・HUD視点もあり、フライトシミュレーターをやっているような感覚。
井川第二編隊長の解説も聞くことができて、マニアには嬉しい内容。

2012年05月09日

F-2A対艦仕様

P1060625.jpg 夏kiが『F-2A』と『T-4ブルーインパルス』を寮に持っていきたいとの事なので用意してあげた。T-4ブルーは問題ないとして、F-2Aは繊細なので一番壊れにくそうな童友社のF-2Aを改造する事にした。
 童友社のモデルは、本体以外の脚などの別パーツに塗装がされていないので、飛行形態で組み上げるようにしている。童友社F-2には、600gal増槽2本しか付属していなくて寂しいから、カフェレオのF-2B(F-2Bにはミサイルはイラナイ!)からAAM-3x2とASM-2x4をパイロンと共に引っ張ってきて無理矢理装備して、対艦A-2形態にしたのが写真の状態。
 童友社はスタンド別売りなので、、なかなか入手しにくい専用スタンドも6個調達した。

 カフェレオのF-2には、300gal増槽+600gal増槽x2+IR空対空ミサイルAAM-3x4+空対艦ミサイルASM-2x4と、盛りだくさんの付属品があるけど、できればAIM-7スパローかAAM-4を4本つけて欲しかった。
 そうすれば、空対空ミサイル8本装備の『対空A-6-1形態』や、空対空x4+空対艦x4の『対艦B-2形態』も表現できたのに・・・。バランス的には、A-2形態が一番カッコイイと思うけど。

ちなみに、F-2の主な装備形態は、
形態 対艦ミサイル 対空短射程ミサイル 対空中射程ミサイル 増槽
A-1 ASM-1x4 AAM-3(AIM-9)x2 600galx2
A-2 ASM-2x4 AAM-3(AIM-9)x2 600galx2
B-1 ASM-1x4 AAM-3(AIM-9)x2 AIM-7(AAM-4)x2 600galx2
B-2 ASM-2x4 AAM-3(AIM-9)x2 AIM-7(AAM-4)x2 600galx2
A-6-1 AAM-3(AIM-9)x4 AIM-7(AAM-4)x4 300gal
 F-2の装備形態で、一番重量が重いのがB-2形態で、全重量でおよそ21t弱。F-2はクリーンで9G機動、22tでも4.8Gの機動飛行ができるという変態的性能の機体だ!

2012年05月02日

ディスプレイ

P1060548.jpg P1060550.jpg P1060552.jpg
 しばらく前に、夏ki製作のプラモデルをケースに入れて飾った。
 ついでに、1/144の彩色済プラモデルも並べてみた。未制作の1/144機体が7機と1/200が5機ほどあるのでそのうち作って並べよう。
 照明は、1mのLEDテープライトを使用。リモコンで色が16色に変えられるのと、ACアダプター付きで送料込み1980円の格安モノ!

2012年03月17日

エアーパーク

火曜日に、航空自衛隊浜松広報館『エアーパーク』に行ってきた!
「コックピットに収まりたい!」という夏kiの希望。tomo春は百里でF-4のコックピットに乗っているけれど、夏kiは行けなかったから・・・。
全員お休みが合わないので、毎度おなじみの片道400km日帰り強行軍。

P1050774.jpg天気が良かったので、富士山がよく見えた!
これだけキレイに見えたのはとても久しぶりかも。

P1050857.jpg最初はF-104Jスターファイター『三菱鉛筆』。
コックピットには乗れなかったけれど、独特のスタイルは堪能できた。アンダー目に撮影。

P1050871.jpgお目当てのT-2 Flight Simulator。ほとんどシューティングゲームだ。着陸はえらく難しいけど、やり込めば上級レベルでも簡単かな?
動画も撮ったので、Youtubeに上げてみた

P1050890.jpg零戦52型は仕上げが今ひとつ好みではない。河口湖の機体を間近で見ているから。
塗り分けから、三菱製の機体がベースのようだ。個人的には、中島製機体が好き。

P1050892.jpg外の展示のUF-104J仕様F-104J。
標的機は残っていないはずなので、通常の698号機を無人標的機仕様にして展示したようだけれど、補修中のようだった。

P1050896.jpgXF-2Aのモックアップ。照明がオレンジ系だったので、ホワイトバランスを『電球』にして、『白く』撮ってみた。モックアップでは、主翼のねじり下げを確認できた。量産機では確認できないので、翼面積増大にともなって、翼端失速の可能性が無くなったということだろうか?

P1050899.jpg浜松基地には、『教材整備隊』がある。
部隊の訓練や広報などで使われるモックアップを作るという、とてもとても羨ましいお仕事!1/24(たぶん)の美しいモックアップがズラリ並んでいた。驚くべきことに、同スケールの政府専用機『747』まであった。

P1050918.jpg言わずと知れた『心神』。
未来のF-3(i3-Fighter?)となることができるか?
なんとしてもF-2の代替に間に合って欲しい。

P1050954.jpgT-2ブルーインパルス111号機『トリプルスティック』のコックピットに収まる夏ki。
パイロットスーツにヘルメットを着用。残念ながら耐Gスーツはなかった。頭がちっこいから、ヘルメットがブカブカ。

2012年02月25日

TAC RECON GROUP 50th Anniversary

P1050749.jpg 昨年は、百里基地所属偵察航空隊の501飛行隊が50周年を迎えた。
 記念塗装のRF-4Eを見ることはできなかったけれど、飛行隊の方から『50周年記念パッチ』をプレゼントしていただいた。
 実際に飛行隊の方々が付けていたものと同じで、なおかつ未使用品!超レアものだ!
 丸パッチは、「TAC RECON GROUP 50th Anniversary 1961~2011」の文字に、RF-4EとRF-86の正面図柄とイエローシェブロン。
 角パッチには、「TAC RECON GROUP 50th Anniversary 1961~1962 MATSUSHIMA 1962~1977 IRUMA 1977~2011 HYAKURI」の文字に、RE-86背面・RF-4E背面・RF-4Eサイドの図柄、部隊マークのウッドペッカー+イエローシェブロン。
 先日同じ方からいただいた、50周年Tシャツと合わせて、大切にさせていただきます!!


 コッチは先日撮った動画の中から、E-2Cホークアイのテイクオフ。プロペラベイパーが見えるのでアップしてみた。
 HDではバッチリ見えてるんだけれど、縮小してMP4にしたらよく見えなくなってしまった。

2012年02月22日

AV-8ハリアー

火曜日にマタマタ百里基地へ!
朝の8時半頃到着。天気は良かったけど、気温高めで相変わらずモヤっぽい。午前中の百里は逆光となるので、撮影の条件は悪い。
今日は、岩国基地のF/A-18ホーネットに加えて、AV-8ハリアーを1機確認。ついでに三沢のE-2Cホークアイも!
幸いなことに、おおむね無風に近く南よりだったので、03Lからの離陸となった。よって、北門ゲートで見学。
離陸機数が多かったので、アーミングエリアは渋滞状態。列線整備員の方たちも確認できた。


ハリアーは垂直上昇はなかったけど(当たり前か)、その離陸滑走距離の短さに驚いた。


今回は、夏kiに見せるために写真より動画を主体で撮ってきた。GH1での動画をMP4に変換したもの。三脚無しの600mm望遠なので安定していないし、持参脚立が3段タイプだったため、有刺鉄線が写っているシーンも・・・。
やっぱ、カメラは2台体制にしたほうがよさそう。

P1050448.jpg P1050451.jpg P1050511.jpg
P1050528.jpg P1050538.jpg P1050541.jpg
P1050550.jpg P1050584.jpg P1050620.jpg
百里周辺は、他県ナンバーのクルマだらけで大変な混雑状態だったけど、くれぐれもゴミ・吸い殻などは持ち帰って欲しい。今日もたくさん拾ってきてしまった。

2012年02月15日

F-18D

岩国のF/A-18ホーネットとAV-8ハリアーが百里に来ているとのことで、火曜日に奥さんとちょろっと百里基地へ・・・。

P1050335.jpgまずは11時頃(遅いってw)に北門ゲートへ。常連さんと会話をしつつ、しばらく見ているとRF-4EJがランディング。
この機の前に、RF-4Eがランディングしたが、ドラッグシュートの一部が破れていた。
P1050343.jpgモーボには一人待機しているようだ。
常連さん情報だと、AV-8は来週くる予定らしいとのこと。
P1050345.jpgF/A-18はレガシーのF/A-18Dが6機だった。
常連さんたちは「F/A-18Cじゃね?」といってたけど、600mm望遠で複座のF/A-18Dと確認。個人的にF-/A18シリーズで一番好きな機体。
P1050356.jpg拡大すると機番が確認できる。
画素数を落として、35mm換算で845mmの望遠で撮っているので、靄がかかるのは仕方がないところ。天気も悪かったし。
P1050389.jpg305飛行隊のF-15J MSIP機のテイクオフ。
F-15Jは、めずらしく3機編隊x2でテイクオフ(ウチ1機はF-15DJ)。それぞれの編隊の前に、T-4とU-125がテイクオフしていた。
P1050418.jpgこの302飛行隊のF-4EJ改は、タッチ&ゴーの訓練中。若干安定感に欠けていた。
それにしてもF-4のフラップの角度は尋常じゃなく大きい!感覚的には垂直に近い。
P1050403.jpgこの機体には、増槽とAIM-9Lのキャプティブ弾を搭載!
一度、場週飛行中に左旋回を一回入れたので、?と思ったらT-4のランディングが入ったために調整したようだ。イイモンが見られた!

来週は早起きしていって見ようかと思っていたりする・・・。

2011年12月21日

F-35A

2652567341_a26fd02f7c_b.jpg F-Xが、ロッキードマーチンのF-35Aに正式決定した。
 いろいろ問題はあるが、消去法で行けばコレしか選択肢はないと思う。というより、20年後まで考えたらコレしかないのも事実。とにかく、2016年に間に合うことを願うばかり。

 F-35は複座が無いので、トレーナーがシミュレーターのみとなるのは仕方がないとして、偵察用RF-4Eの代替はどうするのかとか、のちのアグレッサーをどうするとか、のちのブルーインパルスはどうするかとかの問題が残る。
 とくに偵察機に関しては、RF-15Jの計画が頓挫している(東芝も情けない限りだ)ので、急を要している。RF-4EJの退役がどんどん進んでいるので、古い上に数も少ないRF-4Eだけじゃどうしようもない。
 ついでに言えば、AAMやASMの標的を運べる機体もF-4EJだけなのも問題だ。
 オールマイティに使える機体として、F/A-18Fを1飛行隊(20機)導入はできないモンだろうか・・・。

 こうなってくると、震災で18機がダメになった(6機は修復予定)F-2Bの損失がイタイ。三菱のミスでも1機失われているし。
 当初、130機導入予定のF-2を98機まで減らしてしまった小泉政権(防衛相はゲル)を批判してもしょうがないが、「たら・れば」を考えてしまう。

 先頃、百里基地所属偵察航空隊の501飛行隊が50周年を迎えた。津波やら噴火などの状況を、いち早く情報収集できる貴重な部隊なので、60周年記念にはRF-4Eのリプレースが完全に終わっていると信じたい。

2011年10月12日

百里

P1040322.jpg P1040331.jpg P1040334.jpg
 先週火曜日、F-15Jの3機編隊x3・E-767・E-2C・RF-4E・政府専用機などが飛んでいたのをみたので、昨日百里に行ってみた。
 残念ながら、変わった機体はF-2A・E-2C・T-4ブルーインパルスだけ。F-15とF-4はハンガーからも出てなかった。アラートハンガーも戸締めだったし。
 11時頃飛んだのは、T-4ブルー2号機と機番無し。
 最初にアラートハンガー前に行ってみたら、ただでさえ狭い道に草が伸び放題。インサイドのサイドが傷だらけになってしまった。
 茨城空港に移ってみたが、湿度が高く気温も高めで超望遠だと「モヤ」がかかってまともに写らない条件。
 航空自衛隊観閲式のための観閲席が出来上がっていた。

2011年10月08日

半完成キット

P1040175.jpg だいぶ前にジョイフル本田で買った零戦。マイクロモーターでプロペラが回る。製作はtomo春。
 1/100の飴色21型で塗装済の組み立てキット。ナカナカ良くできている。モールドも繊細だし!
 昔、1/72のキット(とくにLSキット)を片っ端から回るようにしたっけ。昔のペラ用モーターはスイッチが無くて、指で弾くことで回り始めるモーターだった。
 当時は電池内蔵できたので、天井からテグスでつるしたり、床を滑走させたりして遊んだ。
P1040316.jpg こっちは1/144の半完成キット。夏ki用。
 こうしてみると、結構大きさが違う。やっぱF-2は小さい。
 今度の日曜日に、3年ぶりの「航空自衛隊観閲式」は百里で実施されるが、小松のF-15Jのドロップタンク落下事故で飛行展示はなくなるかも。
 どのみち当日は行けないので、火曜日に訓練を見に行こうと思ってたけど、どうしようか・・・。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。