四季彩 Hobby 美工房 四季彩 BLOG 鍾馗二式水戦
クリックで救える命がある!あなたのネット時間を1分ください
 毎日1クリック!このページ にジャンプすると、クリックするだけで世界の貧しい人たち・子供たち・環境を守るための寄付を<無料>ですることができます。

2012年09月08日

百里と土浦駐屯地

 予科練平和記念館のついでに撮った写真

P1070554.jpg 茨城空港を離陸するスカイマーク機。いつもの百里北門ゲートから撮ったので21Rはとても近く、パイロットの表情まで見える。
 誘導路から滑走路に入って離陸するまで停止しない、ランニングテイクオフだった。見慣れた戦闘機の離陸も迫力があるけど、旅客機は大きさで圧倒される。コパイの方は手を振ってくれた!

P1070577.jpg 百里東側のサイレンサー裏に行く途中で、用廃のF-4ファントムが!
 ファントム爺さんもいつまで持たせることができるんだろうか?早く退役させてあげたくても、F-35の部隊編成までまだまだ年数がかかりそうなので、老体にムチ打ちつつも事故がないように頑張って欲しい。

P1070586.jpg P1070587.jpg P1070592.jpg
 上は雄翔館からの柵越しに見られた装甲車両たち。
 左は『90式戦車回収車』、中は『90式戦車』と『74式戦車』、右は『99式自走155mm榴弾砲』。さすがに『10式戦車』は無かった。
 こういうのを見ると富士総合火力演習に行ってみたくなる。
 帰り際に空を見上げたら、AH-64Dアパッチ ロングボウが場週飛行をしていた。アパッチの飛行は初めて見たけれど、そのローター音の静かさにビックリ!

2012年09月05日

予科練平和記念館

 先日、母方叔父の葬儀で大戦中パイロットだった叔父と長時間話す機会があった。過去記事にも書いたが予科練出身で、特攻間際に終戦となった人だ。以前は戦時中の話を一切してくれなかったのだが、年月を経てポツリポツリと話してくれるようになった。『震洋』搭乗志願を蹴って「自分は飛行機で・・・」と通したおかげで生き残ったことを初めて聞いた。
 叔父が予科練にいた時に、写真家の土門拳が一緒に生活して写真を撮っていたらしく、叔父の写真も発行されている本などに残っているし、記念館のパネルにも叔父の写真があった。その叔父に、「予科練平和記念館は必ず訪れるように!」と言われたので早速いってきた次第。

 飛行機や戦車・船舶などを含めメカものは大好きなんだけれど、実は『戦争そのもの』については強いアレルギーがあって、戦争に関する記念館や資料館は意識して避けていた。特に『特攻』に関するものからは目を背けていたけれど、今回行った予科練平和記念館での特別展が、『人間魚雷 回天』の展示。奥さんは同行拒否なので長男と二人で行ってきた。

P1070594.jpg 予科練平和記念館は近代的建物で、展示も思ったほど悲壮感はなかったけれど、その悲惨さを次世代に伝えていかなければならないのはわかるんだけれど、空襲や特攻の映像は正視できなかった。
 回天の展示を見る前に、自宅で『佐藤秀峰 特攻の島』を読んで予備知識を入れておいた。回天の実物大模型は意外に大きく、操縦席にも座ってみたけれど、メカのチェックどころか取っ手等に触れることすらできなかった・・・。

 それにしても、予科練入試のレベルの高さ(超倍率も含め)・入ってからの勉強レベルの高さ・規律の厳しさは驚くばかりだ。非常に優秀で頑健な15歳からの子供たちが、戦場で真っ先に失われていったのが悔やまれる。戦死した予科練生が半分でも生存していたならば、今とは違った日本になっていたのかもしれない。
 兵学校が現在の防衛大学校だとすると、予科練乙種は現在の高等工科学校に相当するんだろう。Youtubeなどで見る防大や高工校は、兵学校や予科練のかなりの部分が引き継がれているような気がする。徴兵制には賛成できないけれど、十代の子供たちは一時的にでもこういった厳しい環境に身を置くことは非常によいのではないだろうか。

P1070593.jpg 予科練平和記念館に隣接した土浦駐屯地には『陸上自衛隊武器学校』があり、その一部として一般でも入館ができる『雄翔館(予科練記念館)』がある。平和記念館から徒歩で入れるので、ココにも寄ってきた。
 中にはいると、戦死した予科練出身者の遺影・遺書などが展示されていて、涙が止まらない。西沢広義中尉の遺影も・・。解説で流れるテープも聴くのがキビシイ内容。
 10代・20代の若者の遺影を見て思うことは、皆素晴らしい若者であったろうことは間違いがないだろうということ。自分が17歳の時にこの『遺書』を書けただろうか、この『遺影』を残せただろうか・・・。

2012年09月02日

インサイト166

120902.gif 今週の燃費。
 走行363.8km÷給油15.00L=実燃費24.25km/L。車載データが24.1km/Lで誤差は+0.64%。
 前回の誤差が大きかったせいか、今回は小さくなっている。小さくなっているというより、プラス誤差になったのは初めてだ。給油時のオートストップが早めに働いてしまったのかも・・・。

2012年09月01日

ハチロク

86-001_p_001_1024x768.jpg 火曜日にiQの12ヶ月点検で、3人でネッツへ行った。
 iQを預けてインサイトでお買い物へ行く前に、展示してあった真っ赤な86をちょろっと触ってみた。
 大きさは昔乗っていたAT141コロナHTの幅を広くしたぐらいなんだけれど、大きう見える。ルーフとシートポジションが低いのと、巨大なドアが懐かしい感じ!
 全体にスバルテイストいっぱいで、かなり魅力的だ。シートやステアリングの質感も好み。奥さんと長男も気に入ったみたい。セールス氏が長男にカタログを渡していた(笑)
 6速マニュアルで乗ってみたいとも思うが、いい年して目を三角にして走ろうとは思わないし、4人乗っての長距離ができないのも困る。エコカーでもないしね・・・。間違って買うことがあったとしてもBRZの方が断然イイし!
 インサイトも3年が過ぎたので、次期愛車も目星をつけはじめようか!

2012年08月29日

大空のサムライ

このところ読んでいる飛行機関係の本。
samurai2.jpgブルーインパルス/武田頼政』はしばらく前に読み終わった。前々から読もうと思っていたけれど、浜松での高嶋一尉の事故が思い出されてなかなか手に取れなかった。
ブルーインパルスや事故の件だけでなく、「ファイターパイロット」のスゴサが伝わってくる内容で、ヒコーキ好きは一読すべし。
samurai2.jpg samurai3.jpg続・大空のサムライ―回想のエースたち/坂井三郎』と『戦話・大空のサムライ―可能性に挑戦し征服する極意/坂井三郎』は、『大空のサムライ(上) 死闘の果てに悔いなし』と『大空のサムライ(下) 還らざる零戦隊』の続巻。氏の生き様から得られる教訓は数多い。

2012年08月26日

インサイト165

120826.gif 今週の燃費。
 走行501.1km÷給油22.01L=実燃費22.77km/L。車載データが24.8km/Lで誤差は-8.20%。

 最近、リアフォグを装備するクルマが増えてきている。濃い霧や土砂降りの雨であれば点灯しても問題ないけれど、条件の良い夜に点灯されると眩しくて困る。
 装備品は理解して正しく使って欲しいところだ。

2012年08月25日

のびのび

P1060950.jpg P1060967.jpg P1060983.jpg
P1060987.jpg P1060995.jpg  ネコのくせに、あまり暑いのが好きでないキィアはエアコン直下の長座布団が好き。
 真っ直ぐ伸びているところを撮っていたら、目を覚ましてしまった。

2012年08月22日

這いよれ! ニャル子さん

81lXDxZVLyL__AA1500_.jpg  『這いよれ! ニャル子さん』を見終わった。タイトルから感じていたけど、クトゥルーのパロディ!
 神話は好きなので、ひととおり頭に入っているが、クトゥルーは表層をさらった程度。でも、小説や漫画・ゲームなどでたくさん出てくるから大まかなイメージは掴めている。
 この作品は神話云々じゃなくて、セリフを含めてアニメ内にたくさんちりばめられた「他作品のパロディ」が見どころ。それが画面の隅々まで行き届いていて笑いどころ満載で楽しめた。
 特に気に入ったのが、主人公の母がシャカシャカ袋を下げて帰宅したシーン。その袋には「地球が持たん時が来ているのだ」「エコだよそれは!」
 この作品を見て以降、脳内データの「ナイアーラトテップ」を「ニャルラトホテプ」に修正した。

 現在は『たまゆら』+『たまゆら ヒトトセ』試聴中。

2012年08月19日

インサイト164

120819.gif 今週の燃費。
 走行680.6km÷給油30.00L=実燃費22.69km/L。車載データが24.0km/Lで誤差は-5.47%。
 会津行きは一般道利用だったので数値がイイ。しかし、アクセルワークの評価は低かった(笑)

2012年08月18日

おおかみこどもの雨と雪

header_after.jpg 久々に映画館へ!
 毎度の予備知識無しで『おおかみこどもの雨と雪』を見に行った。
 『サマーウォーズ』に続き、今回も画面の美しさは最高。特に水や雨の表現は素晴らしく、湿度や温度まで感じられるほど。
 ストーリーはtomo春にはよくわからなかったそうだが、奥さんはもの凄く感動していた。特に「あなたにまだ何もしてあげられてないのに・・・」の台詞。我が家の夏kiも、生きるべき道を見つけて15歳で親から完全に独立したばかりなので、10歳で家を出た『雪』とだぶって見えた。
 『子どもを育て、一人前にして送り出した母』には、涙が止まらない映画だろう。

 しばらくぶりの映画で、やみつきになりそう。TDLなんかもそうなんだけれど、一度行くとしばらく続いてしまう。
 『あなたへ』と『プロメテウス』は見たい。

2012年08月15日

会津若松

8/14に3人で会津若松へいってきた。
P1070262.jpg まずは『鶴ヶ城』。tomo春と奥さんは初めて。特別魅力はないけれど、中にも入ってみた。松本城と比べると、ガッカリ度MAX。
P1070280.jpg P1070297.jpg セット入場券を買ったので、同じ敷地内にある『茶室麟閣』。落ち着いた雰囲気がなかなか良い。
P1070350.jpg 次に行ったのは鶴ヶ城から車で5分程度の『さざえ堂』。白虎隊自刃の地『飯盛山』のそば。ココは一見の価値あり!ぼろっちぃ感じも趣があり、上り下りが一本道でまるで無限回廊のよう。
P1070407.jpgP1070370.jpg 次はセットの券の最後、『御薬園』。薬草栽培施設ということだが、結構な広さのある立派な庭園。人気がなかったので、のんびりと散策できた。
P1070428.jpgP1070435.jpg  最後に『会津武家屋敷』。ココも広いので一周に時間がかかる。見どころもたくさんあったけれど、厠はよく考えられていて感心。

2012年08月12日

インサイト163

120812.gif 今週の燃費。
 走行781.6km÷給油36.38L=実燃費21.48km/L。車載データが22.9km/Lで誤差は-6.18%。
 軽井沢行きの高速で結構燃費が落ちている。
 高速ではおとなしく一定速度で走ればイイんだけれど、7〜80km/hで走るのんびり屋さんが結構いるので追い越しをせざるを得ない。
 

2012年08月11日

闇夜のフェンリル隊

fenrir2.jpg これは2007年6月に作った<MIDNGHT FENRIR>部隊マーク。結構あちこちでステッカーなどに利用されているようだ。
 ステッカーにするには、エンボスのエフェクトが邪魔そう。
fenrir2.jpg ということで、エフェクト無しのデータがコレ。耐候性ステッカー作成用シートを持っているので、自分用にも作ってみようと思っている。
fenrir_mono.jpg コレはカッティングシート用の単色図案。だいぶ前に作成済のカッティングシートは、長男が自分のクルマに貼るらしい。

2012年08月08日

軽井沢

 8/7に軽井沢方面へ。目的は『石の教会』『鬼押出し園』と『軽井沢銀座』で蜂蜜を購入すること。
 P1060998.jpg  P1070002.jpg  P1070027.jpg
 P1070003.jpg  P1070006.jpg  P1070010.jpg  P1070014.jpg
 P1070026.jpg  P1070035.jpg  P1070042.jpg  P1070044.jpg
 P1070064.jpg  P1070051.jpg  P1070081.jpg
 P1070054.jpg  P1070056.jpg  P1070162.jpg  P1070172.jpg
 P1070108.jpg  P1070115.jpg  P1070124.jpg
 P1070142.jpg  P1070181.jpg  P1070195.jpg

2012年08月05日

インサイト162

120805.gif 今週の燃費。
 走行478.7km÷給油29755L=実燃費22.83km/L。車載データが24.4km/Lで誤差は-6.44%。

 最近、アイドリングストップするクルマが増えているけれど、発進の時にセルモーターの回る音がするのが気になる。セルモーターの耐久性は大丈夫なんだろうか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。