2009年01月21日

宅配会社比較

仕事でヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸・日本郵便を使っている。日本郵便はExpack500しか使ってないので、その他3社を個人的主観でちょっとだけ比較。

発送コスト:佐川>西濃>ヤマト
 出荷契約をした場合、佐川が安い。といってもそれほど大きくは変わらないが。近場の発送は西濃が一番で、ヤマトは全体に若干高い。ただし、沖縄や離島はヤマトが安い。

発送サイズ・重さ:西濃>ヤマト=佐川
 西濃の圧倒的勝利!なんせ20kgまで同じ料金!!もともと引っ越し屋さんだから。大きさ・重さに融通が利くのは西濃>ヤマト>佐川の順。

信頼性:だいたい一緒
 宅配のイメージとしてはヤマト>佐川だが、正社員が配達の場合はあまりトラブルを聴いた事がない。ヤマトや佐川は郡部配達やメール便で下請けに回す事が多いらしいが、この場合は配達トラブルが増える。西濃のトラブルはほとんど無い。トラブルの量は佐川が多い。

セールスドライバー:どこも一緒
 ウチに来ている担当セールスドライバー(主に集荷)は、わりとイイ人ばっかり。担当が変わっても変な人はいない。強いていえば、西濃>ヤマト>佐川。配達に来るドライバーで『?』って人は必ず下請け。

集荷依頼:佐川>ヤマト>西濃
 佐川は自動応答フリーダイヤルなので簡単。ヤマトはネットで依頼。西濃は普通の電話。でも「毎日来てね」といっておけば必ず来るので、どこでも問題なし。

伝票発行システムソフト:ヤマト>佐川>西濃
 伝票発行システムソフトはヤマト(無料)が一番進んでいるが重い。佐川(無料)は使い方が簡単でサクサク使える。西濃(500円/月)は今ひとつで、Excelとの親和性も悪い。

伝票発行コストと手間:佐川>西濃>ヤマト
 用紙はそれぞれ無料だが、佐川は小型サーマルプリンタが借りられるので簡単で無駄がない。レーザープリンタ利用だと、ヤマトは伝票1枚しか出さないときに2枚が無駄(A4に3枚の伝票)になるし、いちいちプリンタの設定が必要。西濃では、その都度のプリンタ設定は必要ないし、用紙も1枚ずつなので無駄がない。

メール便:ヤマト>佐川>西濃
 配達スピード・伝票印刷・信頼性ともにヤマトが圧倒的にイイが、値段が高いのが難点。コストでいえば佐川>ヤマト。西濃は非対応。

運転席禁煙:どこも一緒(ヤマトが一歩リード)
 ヤマトは基本的にドライバー禁煙。でも、結構灰皿持ち込みしている人はいるらしい(内緒)。佐川と西濃は規定は無いようだけど、もともとこの2社は運転席と荷台が別々なのであまり問題なし。ウォークスルーはヤマトだけだから、ヤマトは車内禁煙を徹底した方がイイと思う。

結果:
 現状、発送元として1社だけに絞るとしたら「ヤマト」かな?西濃もイイけど日曜・祭日の集荷がないので、ヤマトと西濃を組み合わせるのが吉。

番外:
 日本郵便のEXPACK500はとても便利。専用袋内におさまれば全国どこでも500円で送れるのは魅力的。手渡しだし、ネット追跡にも対応している。保証がないのが難点だけど。


posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日     記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。