2011年12月17日

Dixieland Jazz


 火曜日に高専の芸術鑑賞会で『楠堂浩己とDixie Bombers』ライブに行ってきた。
 高専生だけだと文化会館の空きが多少できるらしく、父兄もOKとのことなので夫婦で足を運ぶ。
 ドラムももの凄かったけど、そのスタミナに脱帽。ウォッシュボードはとてもおもしろかった。

 バンドに参加していた青木研氏の超絶バンジョーには唖然!
 バンジョーの音って、TDSで流れているぐらいしか知らなかったけど、一人で『完結する楽器』だということを思い知らされた。
 青木氏の演奏する姿は、ランランに通じるものがある。
 やっぱ「生」はイイねぇ〜〜。2月にはパルティで『オデッサ歌劇場管弦楽団』のチャイコを聴きに行く予定。


posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

化物語

51NTWFHKK0L__SS500_.jpg 化物語をPCで観終わった。
 音声は『副音声』。かなりおもしろい。もちろん『あとがたり』も聴いた。もちろん佰物語も!
 それだけじゃなくて、ハートアンダーブレードとの詳細が知りたかったので、既刊のライトノのベルも全巻読破!
 各ヒロインも、ツンデレ・ツインテール・BL好きの腐女子・妹・三つ編みメガネっ娘の委員長・ネコ耳と網羅。ナイス!声優さんもイメージピッタリ!
 それにしても、主題歌も歌わなくちゃならないんだから、声優さんも大変だね。それぞれのヒロインごとにOPがあって、歌詞も絵も良くできている。
 化物語はまだしばらく楽しめそうだな。
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

青空文庫

P1040775.jpg 極力読書(専門書・雑誌を除く)をするようにしているが、今年は青空文庫をよく利用している。
 PCで読めるのも便利なんだけど、なんといっても携帯で読めるのがありがたい。
 いつでもどこでも、数分の空き時間があれば数ページは読めるわけで、銀行の待ち時間などにも活用している。
 入浴時に半身浴する時間は、もっぱら携帯で読書。バックグラウンドで静かに音楽を流しながら読むというのが毎晩の楽しみ。
 reateというiアプリを使って読むんだけど、詳細に設定できるし、分からない字があった時にはすぐ辞書で調べられるのも便利。欠点は電池の消耗が早いことぐらいかな。

 それにしても携帯はほんとうにありがたいねぇ〜。空き時間に自作の数学・物理・化学のデータを見ることもよくあるけど、「広辞苑」「問題な日本語」「KY式日本語」などの辞書を眺めることも多い。
 ミュージックプレーヤーやカメラ、地震の時にはワンセグと便利機能が一杯だし、スケジュール管理はもとより、カレンダーに埋め込んだ「六曜」「二十八宿」「潮見表」「月齢」なども役立っている。
 逆に使わない機能は「電話」と「メール」!最新の着信履歴が1週間以上前だし(笑)
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

アニメ

51NTWFHKK0L__SS500_.jpg 今年はめずらしく、今まで敬遠してきた「続き物系」のアニメも結構観た。
 『CLANNAD』『とある科学の超電磁砲』『とある魔術の禁書目録』『蟲師』『ローゼンメイデン』『けいおん』『東京マグニチュード8.0』『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』『化物語』などなど。
 とくに化物語は今までにタイプでとてもおもしろかった。ヒマがあればPCで観て、文字部分を全部読みたい。
 日本人って、ホントにスゴイなと実感できる。やはり、『アニメの殿堂』は作るべきだったと本気で思う。
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

漫画

51NDc-Vcy3L__SS500_.jpg 今年も睡眠時間を削ってまで、たくさんの漫画を読んだ。そのせいか、一般の本はだいぶ読まなくなってしまった。厚手の文庫は片手で足りてしまうぐらい・・・。
 Newtonや数学・哲学・航空・宗教関係の本は結構読んだけど、この手は読書に入らないし。今年得た知識の多くは漫画からかも知れない。
 現在進行形の漫画では、『ちはやふる』『とめはねっ! 』『ピアノの森』『天にひびき』など、その他幅広くたくさん。
 時間の都合でじっくりは読まないけど、パーマ屋で育った(今もだが)せいで、少女漫画にも抵抗がない。○○系や□□系なんかも読むから、中高生を含むオタク系女の子たちとも結構会話ができたりする(笑)
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

CLANNAD

dango.jpg 話題になったマンガ・アニメは できるだけ読・観するようにしているけど、やっとCLANNAD観終わった。
 じっくり観ている時間はないので、アニメはクルマで流してほとんど「聞いて」いるだけ。
 「イマイチだな」と思いつつ「出産時に多少の危険がある」の台詞から、最終3話はPCでじっくり観ることに・・・。
 「父親」「嫁さん」「出産」に関して、相通じるところがあったので、超感動した!

 『けいおん』と『レールガン』は読・観終了。『インデックス』は読終了、観は現在進行形だけど、48話と長いから時間かかりそう。『ローゼン』は読完了、観はこれから。
 長男はあまりアニメ・マンガに興味がないけど、次男とは話が合う。夕食時に「初春と平沢唯は声優一緒なんだぜ」とか!

 最近面白くて続きが楽しみな作品に、『天にひびき』。一度オケの指揮をしてみたい!
 
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

東京マグニチュード8.0

81wgPZTtI%2BL__AA1500_.jpg東京マグニチュード8.0みた!
 地震災害の描写がかなりリアルだけど、単なるパニックアニメじゃなかった。
 見始めから主人公の未来がよくいるかわいげのない中学生って感じが気にくわない。弟の悠貴はデキが良さそうだけども、やっぱり気に入らないタイプ。「ウチの息子らがこんなんじゃなくてヨカッタ」と思いつつ、おおよそのストーリー展開が見えてきた。
 東京タワーが倒れた際、悠貴の後頭部に石が直撃!一時的意識消失や吐き気の表現で、硬膜下血腫をおこしたことが予想された時に物語の結末が見えた。
 その後、救急車で病院にについた時、医師が悠貴にトリアージ・タッグを付けた時点からは涙無くしてはみられなかった。
 これは子供たちに是非みて欲しいアニメだ。

 その他、実写も含めて結構な本数をみているけど、「宇宙ショーへようこそ」「ホッタラケの島」「けいおん」は印象に残ったかな。
 やっぱり、実写系よりも「良くできたアニメ」の方が「もう一度みてみたい」を思わせてくれる。

 マンガも片っ端から読んでいるけど、今のところ印象に残っているのは、「けいおん」「アライブ」「秒速5センチメートル」「サマーウォーズ」といったところ。
 「ピアノの森」「DEAR BOYS」「THE ORIGIN」はまだ続いているので、この先がとても楽しみ。未完のマンガを読み始めると、次が待ち遠しくてしょうがない。
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

ドゥダメル

 数年前にコレ(タコ10の2楽章)を見つけてから、ずっとドゥダメル/SBYOVが気になっていたが、このところ順にCDを入手している。
 『Dudamel Discoveries』『フィエスタ』『春の祭典』『マラ5』といったあたり。
 基本的にオケは大編成、大胆で緻密な演奏。大編成なのに音の出だし・チューニングが良く、ミスも非常に少ないので、とにかく気持ちよく聴ける。
 ドゥダメルの指揮は、テンポ変化・音量変化が大胆なのに、一音一音が大切にされているのでpppも美しい。SBYOVはドゥダメルの音づくりをしっかり表現できている。ノリはこんな感じ!バーンスタインのこの曲は、SBYOV以外では聴けなくなるかも!
 春祭は思ったほどイケイケじゃないけど、もの凄く気に入ってしまった。ショルティ/シカゴ以来の衝撃で、春祭のマイベストになった。
 タコ10と幻想がどうしても欲しいんだが、CDが出て無くて残念。仕方がないので、YoutubeからDVDを起こしてクルマの中で楽しんでいるが、音質が・・・。
 グラモフォンの録音はサスガで、クルマの中でも最大音量で聴ける。定位がハッキリしていて気持ちイイ(低音が若干モワッとするけど、その分迫力がある)から、幻想だけでも早く出して欲しい。
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

秒速5センチメートル

あいかわらず、金・土曜日は家族でDVDを観ることが多い。まいど受験生も無理矢理とーちゃん命令で観ることになる(笑)。
phg_9.jpg phg_10.jpg shinkai.jpg
 まずは、『秒速5センチメートル』。新海誠の作品を見るのは三作目。
 今回も背景描写が飛び抜けて素晴らしく、人物の心の動き、言葉の使われ方に引き込まれた。
 秒速〜は「青少年の恋愛もの」の先入観があって、観るのが延び延びになっていた。でも、観てみたら「青春現在進行形」の若者が観るよりも、「過去の青春」を忘れてしまっている「オッサン」「オバサン」が観た方がより感動するだろう。
 個人的には、主題歌も含めていろいろな意味で最近のベストアニメとしたい。「海」の表現だけ若干不満だけど。
 ちなみに、小説も買って読んでしまった!

51EYKodOHaL.jpg  『ピアノの森』は原作を読んでいない。でも、何となく観てみたらとってもヨカッタのでお薦めの作品。
 長男にはこっちがベストアニメみたい。次男は『サマーウォーズ』がベストのようだが。
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

最近見たDVD

最近家族で見たDVD。息子達は9時半から10時のあいだに寝てしまうので、金曜と土曜しか見ることができない。受験生に強制的に息抜きばっかりさせている悪い父親だ(笑)

アバター
 夏kiは映画館で見ている。
 先が簡単に読めるので安心して見ていられる。
 3Dで見せるための演出が多く間延びした感じ。
 良くできているが、もう一度見ようとは思わない。

ビューティフルドリーマー
 実家にレーザーディスクがあってだいぶ昔に見たもの。
 是非息子達に見せたかった。
 うる星やつらのキャラでドタバタ系なんだが、押井守独特の世界観がある。
 名作に入るんだろうね。また30年たったら見てみたい。

アヴァロン
 コレも押井守作品。
 押井らしさはでているけど、実写系なので作り込みがイマイチ。
 音楽は素晴らしい!!

サマーウォーズ
 2009年の話題作
 ストーリー自体はありがちだけど、小説を読んでるような楽しさがある。
 キャラの顔などに「影」が無い(押井作品とは真逆)ので、明るく軽い感じが好ましい。
 背景の書き込みなどは素晴らしく、隅々まで神経が行き届いている。
 カメラワークやテンポの良さなど、マッドハウスの本領発揮!
 我が家での評価は、ここ5年ぐらいではナンバーワン!

ここまでは、リアルとバーチャルがテーマのひとつとなっている作品が多い。以下は一人で見た作品。

ダヴィンチコード
 原作をよく再現している。
 謎解きの部分があっさりしていて残念。
 読書時の映像イメージと一致率が高く、安心してみられた。

天使と悪魔
 コレは原作を読んでなかったが、ナカナカおもしろかった。
 科学と宗教、どちらも好きなテーマ。
 オープニングの反物質と対消滅!星野之宣の魔王星「ルシファー」を思い出した。
 あれも科学と宗教をテーマにしていたっけ。

まだまだ見たいのがいっぱいあるんだけど、まとまった時間が取れないのでチマチマ見ていこう。
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

アンサンブル奏コンサートin芸術館

img967cb6d4db86cffde6a99.jpg巴里の空の下で sous le ciel de paris
Ensemble 奏 Concert
2010年10月24日(日)13:30開場・14:00開演
水戸芸術館コンサートホールATM


フルート:高信 真由美
オーボエ:石橋 力
クラリネット:坂本 沙織
ファゴット:山本 浩貴
ホルン:嵯峨 郁恵
ピアノ:戸来 和子

曲目
 イベール:木管五重奏の為の3つの小品
 プーランク:クラリネットとファゴットの為のソナタ
 ドゥリング:フルート・オーボエ・ピアノの為の三重奏曲
 フランセ:フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴットの為の四重奏曲
 ダマーズ:フルート・オーボエ・クラリネット・ピアノの為の四重奏曲
 ラヴェル:マ・メール・ロア(六重奏版) 朗読:美濃部佑うこ

企画:アンサンブル "奏"
主催:アンサンブル "奏"、財団法人水戸市芸術振興財団

後援:茨城県教育委員会、日立市教育委員会、茨城県吹奏楽連盟、(財)日立市科学文化情報財団、(財)日立市民文化事業団、ひたち室内楽フェスティバル実行委員会

料金(全席自由):一般 前売り2,000円(当日2,200円)/高校生以下 前売り1,000円(当日1,100円)
チケット発売:2010年 6月13日(日)
・館エントランスホールチケットカウンター(9:30〜18:00、月曜休)
・館チケット予約センター Tel. 029-231-8000(9:30〜18:00、月曜休)
・MUSIC SHOP かわまた Tel. 029-226-0351
・ヤマハミュージック関東 Tel. 029-244-6661
・日立シビックセンター、日立市民会館、関山楽器
ATM速報受信のお客さまに限り、館日本語トップページ「ATM速報受信のお客さま専用」ご予約メニューからご予約いただけます。
(発売日 9:30以降、公演前日または完売まで無休)
https://www.arttowermito.or.jp/t/authenticate.cgi
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

Youtube


 毎晩PCの電源は4時間以上入っているけど、やることが多いので普段は自宅ネットする時間がほとんど無い。せいぜいメール送受信と『新聞つんどく』で収集した記事をザ〜っと読むのと、日記(ブログ)を書くだけで精一杯。残りはExcelを使った仕事やいくつかの作成サイトの維持管理で終わる。
 でも時々、曲名を調べたり集めたりしたい時は1〜2時間Youtubeを徘徊することがある。今回は『Requiem for a dream』を探していたら、似たような曲がたくさん出てきて面白かった。とにかく片っ端から『SmileDownloader』にDL指示をしておいて自動で集めさせたら、時間がある時に聞くというパターン。
 上の動画は、関係ないけどシフラのマゼッパ。


 検索単語に「Requiem」が入っていたので、モーツァルトやヴェルディも一杯出てきたんだけど、面白いのを見つけてしまった。ヴェルディのレクイエム『怒りの日』こんなのが太鼓の達人にあるんだね。そのほか結構マニアックな曲もあるようで、好きな人にはたまらないだろうね。
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

今敏さん・・・

 アニメ監督の今敏さんが、昨日46歳で急逝されました。膵臓癌だそうです。
 『PERFECT BLUE』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』『妄想代理人』『パプリカ』など、名作のみを世に出し、我が家に『平沢進』のオンガクをも運んでくれました。
 次回作『夢みる機械』を非常に楽しみにしていただけに、若すぎる死がとても残念です。
 ご冥福をお祈り致します。
posted by seasons_PaPa at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

レコードをPCで

P1010063.jpg だいぶ前に、実家に大量にあるレコードから60枚ほど選んで持ってきておいた。
 昨年オーディオセットを処分してしまったけど、レコードプレーヤーだけ残しておいたので、そのプレーヤーとPCを繋いでアナログレコードのデジタル化をしている。手がかかるし、等倍速での録音しかできないので、時間がある日に1〜2枚程度づつ進めている。
 写真はそのうちの1枚で『DIGITAL BACH』というアルバム。ナカナカのデキだけど、残念ながらCD化されなかったのでコレもPCに取り込んだ。
 その他、ペンギンカフェ・オーケストラ、アラン・パーソンズ・プロジェクト、タンジェリンドリーム、SKY、PRISMなどの爽やか系や軽いのがメイン。あとはおきまりのクラシックはもちろん、民族音楽なんてもの持ってきた。
 CD化すればクルマのナビに入れられる。インサイトのナビには、現在221枚のCDが入っているが、レコードをCD化したものを入れ続ければそのうち300枚ぐらいになりそう。
 たくさん入れときゃ、突然聞きたくなったCDを音声で呼び出すだけだからとりあえず聞く可能性があるCDは片っ端から録音している。
 タイトルや曲名がCDDBに登録されていないCDの場合は、i-tuneを使って情報をアップしておけば1〜2日程度でナビがCDDBをダウンロードしてくれるので、いちいちナビ上で曲名などを入力する手間もないのが便利だ。
 クルマもネットに常時接続の時代になってきた。
20100814_203350.jpg この写真はバレンボイム/シカゴ響の『1812年』を60倍程度に拡大したもの。
 その昔、テラーク版で「大砲で針が飛ぶ」なんてレコードがあって、当時自慢のオーディオセットで鳴らしてみようかとも思ったが、あいにく売り切れで買ってきたのがこのレコードだったと思う。このレコードは針飛びは大丈夫。それでも安全圏の200μを越えた230μなんだそうだ。
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

カルミナ・ブラーナ

押井守の『Avalon』を見て、使われている川井憲次『Log in』(このコンサートDVDを手に入れた!)が何となくカルミナブラーナの『O Fortuna』を思い出させてくれた。
そういえば、『O Fortuna』をイメージさせる曲っていっぱいあるよナァ〜と、Youtubeをあさってみた。

その他、
 ●O Verona! この曲は『ロミオとジュリエット』〜。かなり似ている。(曲名まで!)
 ●Lacrimosa
 ●Immediate Music
 ●ARMORED CORE 4
 ●Escaflowne
 ●Charging Fort Wagner
 ●Gothic Power
 ●Kingdom Hearts-Heavens Warriors
 ●Epicon
 ●Death Note

カルミナブラーナ系はまだあるけど、こういった「この曲の曲名は?」とか「こんな曲あるか?」なんていうのが簡単に探せるには本当にありがたい。
You Tube・ニコニコ動画(ニコサウンド含む)は、クラシックのCD購入時なんかも、指揮者・演奏者を選ぶにも重宝している。
posted by seasons_PaPa at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする